ジョン・C・リリー博士

ジョン・カニンガム・リリー(英語: John Cunningham Lilly、1915年1月6日 – 2001年9月30日)は、アメリカ合衆国の脳科学者。イルカとのコミュニケーションを研究した事で知られる。フローテーションタンク(感覚遮断タンク・アイソレーションタンク・フローティングタンク)の開発者としても有名である。タンクでの研究はケン・ラッセルの映画『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』の題名で取り挙げられ、映画の主人公は彼とその変性意識状態がモデルと言われている。意識研究やイルカ研究をめぐる著作は多数。1992年に来日。

広告